【サリーのブログ】花文字を書きながら育っていく

日々の心の変化とか。花文字を通して人と関わりそんな中で気づくこととか。変化して行く自分を楽しみたい。

みんなが見てるサリーってどんな???キャラとは?

あの、すいません〜

 


私ってどんなキャラですか?

 


自分のことって自分ではわからなくて…わかりたいので教えてもらえたら嬉しいです。

 

 

 

 


自分自身で思うのは

 

 

 

若干のお調子者だけど

根は真面目なのでノリきれない時もある

ひとりで謎の歌作って歌うので

たまになんだよその謎の歌!気持ちわりーなって思ったりします。さっきも歌ってた。コワイw

 


天邪鬼

すぐ拗ねる

割と子どもっぽい

でも我慢強くもある

よってお腹痛い。ってなることもある

思い立ったら即行動

思い立ったら即SNS投稿

で、やるやる詐欺してる

 


でも思いついたんだもん。となる。

 


結局やらない自分が、やになるときがある

 


でもそのまま自分を嫌いにるのも嫌なのでコレからは少しずつやっていきたいと思う

自分に嘘つくと辛いもんね

 


できるかな。

 


ゴミ箱はゴミが溢れるまで盛ります。

崩れたら袋にまとめます。

 


飽きっぽいです

 


花が好きです。夏は特に話しかけます。花咲いて、生き生きして可愛いから

 


動物とも話します勝手に。

可愛いね、眠いの?暇なの?甘えたいの?私のこと好きなんでしょー?

目つき悪いくせに手をコネコネしてる〜♡たまらん!

 

 

 

とか。今は愛しの野良猫うしくんはもういない。泣く

 

 

 

AO×AOの親のO型です。

なのでA型っぽい時もありますが基本O型

 


結構批判的なこと心で思ってしまうことが多いかも

 


自分の概念から外れてるものはなんか違う。って思いがち。

ほんとはそれやめたい。

 


ちょっとしたイラッをなくしたい。

めっちゃその時間無駄。そして悲しくなる。

 


人間的によくなりたい。

でも素直でいたい。

 


割と頑固。

あと、しつこい。

トントントントン日野の二トンと

エビカニクスはハマるとずっと歌う

 

 

 

洗濯物は旦那さんに畳んでもらう派

畳まれて服の棚の前に並べて置かれてる。

頑張って棚に入れる。それはできる。

旦那さんが頑張って畳んだからしまうくらい頑張る。と思いたい

 


嫁っぽいことはあんましてないと思う

そうして自己否定が始まり悲しくなる時もある

 


悲劇のヒロインタイムがたまに来る。

 


あとめちゃくちゃどうでもいいクズタイムが来る何言われても嫌!ってタイム

 

 

いいところ?

もがいて答えを見つけに行こうとしてるところ?

 

いいと思うよ。不器用だなーとは思うけど

 

だって今はそれででしかやれないんだもんなぁ。しゃーない。

いいところってなんだ。

 

優しいのか?それは本当に優しさなのか?って思うことしてる時もある。振り返るとね。

 

自分を疑うこともよくあるしなぁ。

 

あ、やってて好きだなって思うことは

本当にこの人好きだ!今のこの人との時間最高!って思うと触っちゃうこと。

 

ハグとかしちゃう時本当それになってる。

好きだぜベイビー!ってなってる時はハグしてる。気持ちが高まりやすいです、はいw

 

 

感覚で生きたいくせに不器用に脳みそ使おうとカッコつけてる感じですかね…

でも自分の頭で考えてお話しするのは面白いよ。疲れるけど面白い。

 

SHOWROOMたまにポカーンてするけど

 

インプットしてきたこと自分なりに咀嚼してアウトプットするのは面白い。

 

 

ポカーンてしてる時は多分なんもインプットできてないから出すものない時よね。

 

 

うん。

 

 

書き出してみて少しだけわかったけど

 

みんなにはどう見えてるのかな。私というものは。

まだわからん。f:id:kimidori-www:20181202014413j:imagef:id:kimidori-www:20181202015810j:image
f:id:kimidori-www:20181202015842j:image
f:id:kimidori-www:20181202015829j:image
f:id:kimidori-www:20181202015754j:image
f:id:kimidori-www:20181202020137j:image
f:id:kimidori-www:20181202015858j:image
f:id:kimidori-www:20181202015805j:image
f:id:kimidori-www:20181202015953j:image
f:id:kimidori-www:20181202015815j:image
f:id:kimidori-www:20181202015820j:image
f:id:kimidori-www:20181202015839j:image
f:id:kimidori-www:20181202015846j:image
f:id:kimidori-www:20181202015825j:image
f:id:kimidori-www:20181202015903j:image
f:id:kimidori-www:20181202015801j:image
f:id:kimidori-www:20181202020006j:image
f:id:kimidori-www:20181202015906j:image
f:id:kimidori-www:20181202015924j:image
f:id:kimidori-www:20181202015833j:image
f:id:kimidori-www:20181202015939j:image
f:id:kimidori-www:20181202015947j:image
f:id:kimidori-www:20181202015934j:image
f:id:kimidori-www:20181202015928j:image
f:id:kimidori-www:20181202015758j:image
f:id:kimidori-www:20181202015956j:image
f:id:kimidori-www:20181202015918j:image
f:id:kimidori-www:20181202015849j:image
f:id:kimidori-www:20181202020002j:image
f:id:kimidori-www:20181202015912j:image
f:id:kimidori-www:20181202015944j:image